最近気になる肌荒れ、メイク残りが原因かも?

メイクは自分を素敵に変身させる1つの手段として簡単に始められます。メイクをすると必ずしなければいけないのがメイク落としです。

朝起きてみて、昨日はなかったニキビ、乾燥など肌荒れを感じたことはありませんか?それは、もしかしたらメイク残りが原因かもしれません。

明日の綺麗な肌のために、メイク残り・肌荒れを解決する簡単な方法を見ていきましょう。

肌荒れの原因は?

仕事やお出掛け、デートなど女性はメイクをする機会が多いです。また最近では、オシャレにメイクをする男性も増えてきています。

その日のコーディネートに合うメイク、その日の髪型に合うメイク、多くの人は自分に似合うお気に入りのメイク術を持っています。

また、その日一緒に出掛ける相手によってメイクを変えたりなんてこともあります。メイクをすることで気分が変わったりするものです。

そんな1日を終え、疲れてメイクをしたまま眠ってしまったなんて経験はありませんか?メイクをしたまま寝ると肌荒れの原因になることを知っている人は、朝起きてガッカリするものです。

しかし、きちんとクレンジングや洗顔もしたのに肌荒れを起こしているなんてこともあります。

それは、もしかしたらメイク残りが原因かもしれません。ファンデーションは油分を多く含むため、クレンジングの方法や使用量によってはメイク残りに繋がってしまうこともあります。

メイク残りを解決するクレンジング

クレンジングと一言で言っても、オイルタイプのものもあればミルク・クリームタイプのもの、拭き取り型のものなど、沢山種類があります。自分に合ったクレンジングを選ぶのがポイントです。

オイルタイプのものは、しっかりと確実にメイクを落としてくれます。これならウォータープルーフのメイクやしっかりメイクでもメイク残りの心配はありません。しかし、肌が弱い人だと使用後のつっぱり感やヒリヒリとした肌への刺激が気になることもあります。

そんな乾燥肌や敏感肌の人はミルク・クリームタイプがおすすめです。保湿成分があり、乾燥が気になるときでも優しくしっとりとした仕上がりになります。こちらのタイプは低刺激のものが多いためオイルタイプに比べるとメイク残りの面では心配なところもあります。クレンジングの箱やパッケージに記載してある使用量をきちんと守ることがポイントです。

拭き取りタイプは、疲れて帰宅したときには最適です。簡単にメイクが落とせるだけでなく、美容液を含むものも多く、仕上がりが良いです。メイク残りの心配もなく、簡単につやつやでキメ細かい肌になれます。拭き取りタイプにはウォータータイプもあり肌が弱い人にはこちらがおすすめです。

更に付け加えれば、時間があるときは角質や細かい汚れ落としのために拭き取り化粧水を使うのもおすすめです。クレンジング・洗顔が終わってから、コットンに拭き取り化粧水を適量取り、トントンして肌に馴染ませます。

目には見えないようなメイク残りも綺麗に落ちるだけでなく、表面に残った角質も綺麗に落とすことでその後の化粧水や乳液の浸透も見違えるほど良くなります。

洗顔後のお手入れ

クレンジング・洗顔が終わったら保湿をしましょう。化粧水を肌に馴染ませることで乾燥を防ぎます。その後、乳液を手で包み込むように肌に付けることで化粧水の効果を逃さず、よりもちもちの肌になります。

また最近では、オールインワンのものも増え、簡単に1種類で効果を得られるため、大変人気があります。時間に余裕のあるときは前述したように拭き取り化粧水を使ってみたり、パックをするのもおすすめです。

メイクをより楽しむために

ここまで読むと、メイクをするとクレンジングや洗顔など、何だか面倒なことが多いように感じます。しかし、クレンジング、洗顔、その後のお手入れをきちんとすることで綺麗な肌を作り上げることが出来ます。

普段よりファンデーションの乗りも良くなります。肌のつやも出てきて、よりメイクを楽しむことができるでしょう。

メイクを、楽しむことができると外に出掛けるのも何だか楽しくなってきませんか?そんな時のあなたはきっとキラキラと輝いてとても魅力的になっているはずです。

お肌にも休み時間を

ここまでメイクを楽しむことが大切だとお話ししてきました。時には肌に休み時間を与えることも必要です。メイクをしている間は、毛穴の通り道を塞ぐことになり、肌にとってはかなりの負担になります。外に出掛けることのない休みの日は、メイクをせずにお家でゆっくり過ごすのも良い休日です。

そうはいってもお仕事や彼氏とのデートなどで、メイクをしない日が作れないのであればエマルジョンリムーバーでメイク残りを完全にオフしましょう!このエマルジョンリムーバーはクレンジングでは落としきれないメイク残りや毛穴に詰まった黒ずみをすっきり落としてくれるスキンケアに欠かせないアイテム

エマルジョンリムーバーを普段のスキンケアに加えプラスアルファーのお手入れをすることで、きっとキメ細かで綺麗なつや肌を手に入れられます。肌の調子が良くなりメイクがより楽しめるようになれば、あなたの日常生活もより明るく楽しいものになることでしょう。

参考:エマルジョンリムーバーを最安値で買える販売店情報とガチな口コミ

オロナインと毛穴パックで鼻の黒ずみを取る!その方法と効果とは?

頑固な鼻の黒ずみは多少洗顔したくらいでは中々落ちることはありません。かといって洗浄力が強い洗顔料で力強くゴシゴシ洗っても肌を傷つけるだけになってしまいます。

最近SNSでオロナインを使用して鼻の黒ずみを取る方法が話題となっているのはご存知でしょうか。

切り傷や擦り傷の殺菌効果として有名なオロナインですが、どうやって鼻の黒ずみを取るのか、その方法を調べてみましたのでご紹介します。

オロナインって何?何故黒ずみを取ることが出来るのか

まずはオロナインがどんなものなのかを説明したいと思います。最近の若い人には馴染みがないかもしれませんが、オロナインとは正式名称を「オロナインH軟膏」と言い、大塚製薬から販売されている殺菌消毒効果のある軟膏薬です。

1952年に完成、翌年の1953年から販売され始め、今や日本を代表する軟膏薬です。基本効能としては、切り傷や擦り傷の消毒効果やニキビや水虫に対する殺菌効果が挙げられます。患部に直接塗っても大丈夫な肌に優しい製品となっています。

さて、話を戻しまして何故オロナインで鼻の黒ずみを取ることが出来るのかと言いますと、オロナインに含まれている「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という成分が重要な役割を果たします。

クロルヘキシジングルコン酸塩液には、抗菌・殺菌効果があります。まさにオロナインの要と言った成分です。更にオロナインには「オリブ油」という植物性オイルが含まれています。

鼻の黒ずみを作っている各線の主成分は皮脂となります。このオリブ油が角栓と混ざり合うことで、黒ずみが毛穴の外へと溶け出すのです。

クロルヘキシジングルコン酸塩液とオリブ油が含まれているオロナインは、黒ずみの除去と殺菌を同時に出来る万能薬とも言えます。

オロナインを使用して黒ずみを取るにはどうすればいいのか

オロナインに鼻の黒ずみを取る効果があることを説明しましたので、ここではやり方をご紹介したいと思います。用意するものはオロナインと市販の毛穴パックです。

毛穴パックの指定はありませんので、お好きなものを選んでいただいて構いません。オロナインを使用している時は何度も顔を洗うことになるので、出来ればお風呂に入る時に行うと手間も省けます。

オロナイン 鼻パック

出典:http://ameblo.jp/maria-0229/entry-11331177679.html

1.軽くお湯で洗顔する

まずは顔の汚れを軽く落としてあげてください。メイクをしている方はメイクを落としてから行いましょう。

2.鼻に満遍なくたっぷりとオロナインを塗る

鼻にたっぷりとオロナインを塗ってあげてください。鼻が隠れる位まで塗っても大丈夫です。特に黒ずみが気になる場所は多めに塗っても良いかもしれません。

3.10分から15分ほど放置する

オロナインを塗ってあげたら10ふんから15分ほど放置します。入浴しながら待ちましょう。

しばらくするとオロナインが白色かた透明になる部分があるかもしれませんが、気にしなくても大丈夫です。出来るだけ触れずに、くれぐれも誤って顔を洗わないようにしましょう。

4.オロナインを洗い流す

時間が来たらオロナインを洗い流しましょう。水で洗うとオロナインを上手く落とせない場合があるので、ぬるま湯で行いましょう。

5.毛穴パックを行う

お風呂からあがって毛穴パックを行います。市販の毛穴パックの使用上の注意を守って行いましょう。

以上がオロナインを使って鼻の黒ずみを取る方法となります。オロナインを使うことで、普通に毛穴パックを使う時よりもごっそりと角栓を取ることができ、黒ずみを取ることが出来ます。

一方で気をつけたい点もある

確かにオロナインを使用した後に毛穴パックを行うと黒ずみを取ることが出来ますが、一方で気をつけたいことも沢山あります。まずは肌へのダメージです。市販の毛穴パックは粘着力が強力で、通常の方法で使うだけでも肌には多少のダメージを与えてしまいます。

しかし、オロナインを使うことで肌が柔らかくなり、毛穴パックを使った時の肌へのダメージが更に大きくなってしまいます。肌を傷つけてまで黒ずみを取りたくない!と思う人にとっては悩みどころです。

また、黒ずみが取れると言った声も多いですが、益々悪化したという声もあります。毛穴に詰まっていた角栓を根こそぎ取るということは、鼻の毛穴が空いた状態になるということです。

毛穴を閉じないまま放置しておけば、皮脂や汚れがまた溜まってしまい黒ずみになっていまいます。中には以前よりも毛穴が広がり、黒ずみがもっと目立つようになった方もいるようです。

角栓を取った後に化粧水や美容液でしっかりと保湿ケアを行い、毛穴が閉じた状態になるようにしましょう。

オロナインで鼻の黒ずみを取る方法をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。

確かに黒ずみを取る効果は絶大と言えますが、デメリットもあるように思えます。一長一短な方法となりますので、行う際はくれぐれも自己責任でお願いします。

なんだかデコルテの毛穴が目立つ!その原因と対策とは?

鏡を見るとふと気づいてしまった、デコルテの毛穴…。今まで気づかなかったけど、よーく見ると黒ずんでいたり赤かったり。触るとぶつぶつとしているような。

なんとかしたい!と思った方もたくさんいるのではないでしょうか。そこで、デコルテの毛穴の原因と、対策についてご紹介します。

■デコルテの黒ずみの原因は?

肌のターンオーバーが適切ではない

デコルテは顔や頭皮ほどではありませんが体の中では皮脂が多い部分で、毛穴が詰まったり黒ずんだりしやすい、肌トラブルの非常に多い場所です。

そして肌トラブルの毛穴のつまりは、肌のターンオーバーが適切でない場合でも起こります。皮脂の多いデコルテは、ターンオーバーが適切にできていないことで角栓ができてしまいます。

角栓は、肌の角質が皮膚の上に残ったものが皮脂とまじりあうことによってできてしまいます。

この角栓が肌にずっと残ってしまうことで、デコルテの毛穴が覆われて毛穴の黒ずみやぶつぶつの原因となっているのです。

■ストレスやホルモンバランスの乱れ

環境の変化や、ストレスが溜まっていることでホルモンバランスが乱れるとそれが肌に現れてしまうことがあります。

肌が荒れると余計にイライラして、さらに肌が荒れて…という悪循環のもとにもなってしまいます。

黒ずみやぶつぶつにはどうすればいいのか、対策とケアの方法を紹介していきます。

デコルテの毛穴対策その1

デコルテを洗うときは、ナイロンのスポンジやタオルなどを使わずに手を使って洗います。

スポンジを使ってこすってしまうと、スポンジに使われている化学繊維は強い刺激を肌に与えてしまうので、肌のダメージがとても大きくなってしまいます。すると肌の角質も大きなダメージ受けて、肌が赤くなったり余計に毛穴が詰まりやすくなってしまうんです。

デコルテは背中のようにシャンプー・コンディショナーのすすぎ残しが非常に多い場所です。シャンプーなどが残っていることもデコルテの肌にダメージを与える原因です。

なので、デコルテを洗うときは石けんを泡立てたら手のひらで優しく洗ってあげてくださいね。肌に刺激を与えないよう、絶対にこするようにして洗わないように気をつけましょう。

デコルテの毛穴対策その2

ひどく肌がぶつぶつとしてしまっているのを治すには、毛穴の詰まりを解消するためにピーリングやスクラブで角質を落とすと良くなる場合があります。

ゆっくりお風呂に浸かってやわらかくなった肌に、ピーリングジェルやボディスクラブなどで優しくマッサージをします。

ただし、ピーリング材やスクラブによっては強い刺激を肌に与えるよなものもあります。肌に優しいものでも、やりすぎると余計に黒ずみやぶつぶつが余計に目立つ原因になるので頻繁にはやらないようにしてください。

お風呂上がりにはクリームなどによる保湿なども必ず行うようにしてください。

デコルテの毛穴対策その3

お風呂から上がったら、安いものでも構わないのできちんと化粧水やクリームなどで保湿をしてあげてください。毎日化粧水での保湿をすることで、肌の保湿力が高まり皮脂の過剰な分泌を防ぐことができます。

美白効果のあるものを使うと特に黒ずみには効果があります。デコルテや全身の肌の調子に合わせて化粧水を変えるとよいかもしれませんね。

美白にはビタミンC誘導体、保湿にはコラーゲンが含まれているような化粧水を選んでみてください。

デコルテの毛穴対策その4

ついつい夜更かしをしたり、甘いものを食べすぎてしまう。などということはないでしょうか?不規則な生活はデコルテの毛穴だけではなく、肌全体のトラブルの元になってしまいます。

洗うときに化学繊維のものを使わないといったようにポリエステルやナイロンでできた洋服を着ていると、それが刺激になって肌にダメージを与えているかもしれません。

夜は早く寝ること・脂肪分の多いものを控えること・綿などの肌に優し衣服を身に着けること…などなど。普段の生活を見直すことで、肌にも健康にもやさしくしてみるともしかしたら改善されるかもしれません。

夏には水着等を着てデコルテを出す機会がたくさんあります。日頃からフェイスケアと同じように欠かさずにケアをして、黒ずみもぶつぶつもない綺麗なデコルテを手に入れましょう!

しっかりと鼻の黒ずみをとる方法とは?綿棒で簡単に取れる!?

一度出来てしまうと中々取れなくて困るのが鼻の黒ずみです。

一般的にはいちご鼻とも呼ばれ、鼻の毛穴一つ一つが黒くなってしまいいちごのようにブツブツが出来ていることからそう呼ばれます。

結構遠くから見ても目立ってしまいので、特に女性には悩ましい問題となります。そこで今回は、黒ずみが出来てしまう原因とその解決策、綿棒を使って簡単に鼻の黒ずみをとる方法をご紹介します。

鼻の黒ずみは毛穴に詰まった角栓が原因!

人間の構造上、基本的に毛穴には汚れが詰まらないように出来ています。それは毛穴にはターンオーバーの働きがあるからです。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことですが、少し毛穴に汚れが入ったくらいではターンオーバーの働きで汗や皮脂と共に外に流されてしまうのです。

それでは何故毛穴に汚れが詰まってしまうのでしょうか。それは、ターンオーバーが正常に働いていないからです。ターンオーバーは睡眠中に行われますが、不規則な生活や睡眠不足といった場合にはターンオーバーが正常に働きません。

毛穴に汚れや皮脂が残った状態が続いてしまうのです。そのまま残った汚れと皮脂が混ざり合って角栓へと成長します。

まだ角栓が柔らかい内は取り除くことも出来ますが、空気に触れて酸化して黒ずみになってしまうと固くなってしまい毛穴を塞いでしまいます。こうなると簡単に取り除くことは難しくなります。

角栓が固くなってしまうと、毛穴を更に広げてしまいます。そうなると、毛穴一つ一つが大きくなって目立ってしまいます。また、仮に黒ずみを取り除くことが出来たとしても、毛穴が広がった状態が続いてしまい汚れが溜まりやすくなります。

新しい角栓が出来るのも時間の問題となってしまいます。

綿棒を使って簡単に鼻の黒ずみをとる方法とは?

黒ずみの原因について知っていただけたと思いますが、果たして鼻の黒ずみをとる方法はあるのでしょうか。実は、綿棒を使って簡単に黒ずみを取ることが出来るのです。

用意するものは綿棒と椿油やオリーブオイルといった肌に優しいオイルのみです。本当にこれだけで黒ずみが取れるのか怪しいと思う方もいるかもしれませんが、是非試してみてください。

手順は以下になります。

1.綿棒にオイルを染み込ませる

香料などの余分な成分が入っているオイルは出来るだけ避けてください。肌に優しいシンプルなオイルを選ぶようにしましょう。前述したように、椿油やオリーブオイルがおすすめです。

2.綿棒を鼻に当ててマッサージをする

綿棒を鼻に当てて優しくマッサージをするように転がしてください。オイルが足りなそうならば追加していただいても構いません。

出来るだけ力を入れずに、ゆっくりと撫でるように動かしましょう。これだけでも大体の角栓は取れると思います。

閲覧注意!

※汚いのでモザイク処理させていただきました!

3.しっかり洗顔をする

刺激の強くない洗顔料でしっかりと洗顔を行ってください。オイルが鼻に残ってしまうと肌荒れの原因ともなりかねないので、オイルが残らないようにしっかりと洗いましょう。

4.冷たい水で毛穴を引き締めて保湿ケアを行う

洗顔後に冷たい水で洗ってあげると、肌が引き締まり毛穴が閉じます。その後美容液や化粧水でしっかりと保湿ケアを行いましょう。

以上が綿棒を使って鼻の黒ずみをとる方法となります。家にあるもので出来るのでコストもかからないですし、手軽で簡単です。

どうして綿棒で鼻の黒ずみがとれるのか

どうして綿棒を使って簡単に鼻の黒ずみがとれるのかというと、角栓は皮脂によって構成されています。

そこで、皮脂に限りなく近いオイルを使ってあげることで角栓と馴染み、溶け出した皮脂と汚れを流しだしているのです。水と脂だと混ざり合いませんが、脂同士であれば混ざり合うといった理論です。

椿油やオリーブオイルといった植物性のオイルは肌にも優しいので、肌に余計な負担をかけることもありません。綿棒であれば肌を傷つけることもなくオイルも染み込むのでピッタリということです。

特にオイルには古い角質をはがす効果や保湿成分を持っているものも多くあるので、そういった物を使えばお肌のケアにもなり一石二鳥です。

ただ気をつけて欲しいことは、中々落ないからといって綿棒を鼻に強く擦りつけることや、力を入れて角栓を押し出すことはしないでください。

肌を傷つけてしまうとターンオーバーが正常に行われない場合や、一度角栓を落としたとしてもまた汚れが溜まりやすくなる場合があります

いかがだったでしょうか。

何度も洗顔して落とそうとしていた鼻の黒ずみも、綿棒を使えばこんなに簡単に落とすことが出来るのです。

この鼻の黒ずみをとる方法を覚えておけば、今後鼻の黒ずみに悩むこともなくなると思います。是非有効活用して、綺麗な鼻を目指してみてください。

洗顔方法を改善することによって、容易に鼻の黒ずみは解消できる

洗顔は、鼻の黒ずみを発生させる重大な要因ともなることから、洗顔の方法を改めるだけで、鼻の黒ずみが改善されることも多いです。

では、どのようなポイントに気を配って洗顔すべきなのか、黒ずみの落とし方はあるのかを見ていきましょう。

洗顔と鼻の黒ずみ

洗顔は、鼻の黒ずみを発生させる原因の第2位と言われています。そして、鼻の毛穴の黒ずみの原因は、洗顔及びクレンジングとも言われています。

洗顔とは、肌の新陳代謝の成否を左右する肌にとってのペースメイカーとも呼ばれるほどの存在です。ほぼ毎日のように洗顔しますから、もし誤った方法で洗顔しているのであれば、たとえその程度がほんの些細なものであったとしても、肌にしても毛穴にしても徐々に悪い方向へ運んでいきます。

しかし、洗顔さえ何とかすればいいので、洗顔の方法を改めるだけで、黒ずみが解消するケースが多いです。

どのような洗顔方法が黒ずみを生むのか

鼻の黒ずみは、洗顔が要因と述べましたが、洗顔の方法が悪いから毛穴の汚れがきちんと落ちないという問題ではないです。

黒ずみが発生するのは、90パーセントほどが、洗顔のしすぎ、言い換えれば洗いすぎが原因となっています。

洗いすぎでなく、洗顔不足による黒ずみの発生は、何日も顔を洗わないというようなレアケースのみですから、朝晩と1日に2度も洗顔をしているような普通の水準であれば、洗い足りないといった心配はいりません。

鼻の黒ずみの仕組み

なぜ、過ぎた洗顔が鼻の黒ずみを惹起してしまうのでしょうか。このメカニズムはつまり、毛穴の入り口が痛むことによって、荒れたり硬くなってしまうために黒ずみが発生してしまうのです。

黒く見えるのは、毛穴の開口部が荒れているためなんです。毛穴の周辺を覆う角質が硬化すれば、皮脂を始めとする汚れなどがこびりつくためです。

ものすごく洗顔をしているにも関わらず、黒ずみが生じてしまう人もいれば、水でちょっとすすぐ程度のことしかしないのに、全く黒ずみが生じないという人もいて、個人差があります。これは毛穴の状態の差なんです。

つまり、真面目にしっかりと洗えば洗うほどに毛穴の開口部が荒れて硬くなり、汚れが落ちにくくなっているというわけです。

間違った黒ずみの対処法

鼻の黒ずみがあれば、多くの人は洗顔を念入りにすることによって黒ずみを取ろうと考えますが、このような行為が鼻の黒ずみの程度を、より悪化させてしまうのです。

そもそも黒ずみは、毛穴周辺の角質にこびりついた汚れではあるのですが、無理に落とそうとしてはならないのです。

洗顔のしすぎによって、黒ずみが生じたのですから、黒ずみを落とそうとして、さらに洗顔をしっかりするのであれば、より黒ずみが酷くなってしまうのは明らかです。

このように黒ずみを解消させようとジタバタしているうちに毛穴の痛みが段々酷くなっていき、しまいには「いちご鼻」になってしまいかねません。

毛穴の黒ずみの落とし方は存在するのか

毛穴の汚れとはどのようにして落とすものなのでしょうか。その解決方法は、何と放っておくというものです。黒ずみの性質は、角質についた油汚れなのですが、角質自体は剥がれ落ちてしまいます。

洗顔後にニョロっとしたものが見えるのですが、それが剥がれ落ちた角質です。つまり、黒ずみには寿命があるというわけなんです。毛穴に詰まっているものであっても、それは変わりありません。

洗顔の頻度を抑えれば、肌は汚れている傾向があるものの、肌が元の健康な状態に戻れば、自ずから黒ずみの原因である汚れが付かなくなってきます。

今の黒ずみは、いずれ剥がれ落ちる運命にあることを知ったからには、黒ずみの発生しにくい毛穴作りを目指しましょう。洗顔ブラシの使用は、肌を傷つけてしまうことから、辞めておきましょう。

黒ずみを予防する正しい洗顔の方法とは

鼻の黒ずみの解消に適した洗顔の重要な点は、優しく洗うこと、洗顔の時間を短くすること、石鹸を使用すること、の3つあります。

総合すれば、洗顔の仕方を控えめに抑えるという趣旨です。過度の洗顔によって黒ずみが惹起されたのですから、当然の解決方法です。優しく洗うこととの部分については、黒ずみを解消しようとするからには守っている人の方が多いでしょう。

ゴシゴシと強く洗ってしまえば、毛穴を擦ることとなってしまい、洗顔フォームの洗浄力によって、必要以上に角質が剥がされてしまいます。洗顔時間は15から20秒くらいがベストとされています。

洗顔フォームを使用することによって、鼻の黒ずみができてしまったという人は、洗顔フォームを石鹸に変更しましょう。

鼻の黒ずみの発生原因のほとんどは、洗顔方法にあるとされ、さらに、鼻の黒ずみを解消しようと洗顔の頻度を増やすことによって、状態を悪化させてしまうという悪循環に陥っている場合がままあるようです。

黒ずみを予防するためにすべき洗顔の方法とは、優しく洗い、 時間を15秒から20秒ほどに短くし、石鹸をしようすることです。